「がん」は、現代でも怖い病

日本人の二人に一人ががんになり、三人に一人はがんで亡くなると言われています。
以前は、不治の病として恐れられていた「がん」ですが、医学の進歩によって
がんの半分は治ると言われています。

しかし、まだ発生原因や、発生のメカニズムには、わからない事も多く、現代に
於いても、恐ろしい病であることに変わりありません。

検診等により早期発見で、治る病になったとはいえ、やはり予防が一番です。
わからない事も多いですが、がんを予防するには、どのような事に気をつけて
生活すれば、少しでもリスクを減らす事ができるのでしょうか?
がん予防の研究も日進月歩で、具体的にわかっていることもあります。

がんに関する専門サイトは、たくさんありますが、このサイトでは
専門知識のない、一般の方にもわかりやすいように
いろいろな面から、がんの予防について、見ていきます。