がんになりやすい疾患 がんの原因

糖尿病とがん

糖尿病患者のがん発生リスクは20%〜30%アップ

厚生労働省の調査、研究によれば、糖尿病と診断されている人は、ない人に比べ、がんにかかる可能性がアップしています。
男性で、1.27倍、女性で、1.21倍、全体では20%から30%がんにかかりやすいという結果になっています。

部位別に見た場合、男性では、肝臓がん、腎臓がん、すい臓がんのリスクが特に高く、女性では卵巣がんで高い数字となっています。

部位別がんリスク
(糖尿病でない人を1とした場合の相対リスク)

男性 全体 1.27

部位 相対リスク
肝臓がん 2.24
腎臓がん 1.92
すい臓がん 1.85
結腸がん 1.36
胃がん 1.23

女性 全体 1.21

部位 相対リスク
卵巣がん 2.24
肝臓がん 1.94
胃がん 1.61

糖尿病が、がん化を促進するメカニズムは...

糖尿病になりインスリン(血糖をコントロールするホルモン)の働きが悪くなると、血液中のインスリン濃度が高まり、高インスリン血症という状態になります。
インスリンには腫瘍増殖・発ガン促進作用があると言われ、細胞のがん化を引き起こすのではないかと考えられています。

-がんになりやすい疾患, がんの原因