がんになりやすい疾患

ピロリ菌の胃がんリスク

ピロリ菌が胃がんの原因

ピロリ菌は胃の中の粘膜にすみつく細菌で、発見されたのは比較的最近で、1982年です。
オーストラリアのロイヤル・パース病院のウォーレンとマーシャルという2人の医師によって発見されました。

1994年、世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が、「ピロリ菌が胃がんの原因」となることを報告しています。

日本人のピロリ菌感染率は高い

ピロリ菌の感染者(保菌者)は一般的には衛生状態がよくない発展途上国に多く、先進国には少ないと言われていますが、その中で日本では感染者が多く、50歳以上では70%以上が感染しているというデータもあります。
最近のデータでは、20歳以下の感染者の割合は少なく、その要因としては、昭和30年代から上下水道の整備が進んだことがあげられています。

先進国としては、感染率が多い原因として、伝統的な日本の食事もあります。
普段から、塩分の多い食事をしているほど、ピロリ菌感染率が高いという報告があります。
塩分の多い食事は胃の粘膜を荒らすので、ピロリ菌の持続感染がしやすい環境になると考えられています。

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌は抗生物質などの薬で、除菌することができます。
では、除菌すれば胃がんのリスクは減るのでしょうか?

helicobacter-pylori
現状では、はっきりしたデータは取得できていませんが、胃がんの人が除菌をすると新たな胃がんの発生率が低下したというデータがあります。
ピロリ菌に感染したことがない人が胃がんになる確率はかなり低いと考えられているため、ピロリ菌の除菌は一定のリスク低減効果があると考えられます。

また、ピロリ菌感染による慢性胃炎が続いて、萎縮性胃炎になった場合、胃がんのリスクが高くなります。
ピロリ菌は他の疾患にも関連していることがわかっていますので、除菌することによって発症リスクが低減できます。

 

-がんになりやすい疾患