FAQ 発がん物質

受動喫煙(じゅどうきつえん)

2016/09/21

本人がたばこを吸わなくても、他人が吸ったたばこの煙を間接的に吸ってしまうこと。
喫煙者が直接吸い込む煙を「主流煙(しゅりゅうえん)」、たばこが燃える時にでる煙を「副流煙(ふくりゅうえん)」、喫煙者が吐き出した煙を「呼出煙(こしゅつえん)」と言うが、受動喫煙は副流煙、呼出煙を吸ってしまうこと。

間接的に吸う受動喫煙は、影響が少ないように感じますが、主流煙はたばこのフィルターを通して吸うので有害物質は薄まりますが、副流煙の方が、一酸化炭素、タールなどすべての有害物質をたくさん含んでいます。

厚生労働省のサイト「最新たばこ情報」、たばこのリスクのページで主流煙と副流煙の有害物資の含有量を比較したデータがありますが、有害物質の発生は副流煙の方が多くなっています。
たばこの煙が目にしみるという経験をしたことがあると思いますが、これは副流煙はアルカリ性の為、目や鼻の粘膜を刺激するためです。

 

-FAQ, 発がん物質