がんの原因 発がん物質

放射線/紫外線/大気汚染

放射線/紫外線によって、細胞中のDNA(遺伝子情報)が傷つく

放射線(放射能)は、細胞中のDNA(遺伝子情報)を傷つけます。
また、放射能、紫外線は活性酸素を発生させ、活性酸素によってもDNAは傷つきます。

大量の放射線を一度に浴びると、細胞は死んでしまいますので、
60兆もの細胞から出来ている人間は被爆する線量が多い場合は、亡くなってしまいます。

自然界には放射線がありますが、人間の身体の中には免疫細胞がありますので、
傷ついたDNAは修復され、通常は問題になりません。

人間の細胞は遺伝子情報を元にコピーされますが、傷ついた遺伝子情報を元にコピー
された細胞は異常細胞となり、増殖し、がんになる場合があります。

大気汚染の影響

大気汚染と聞くと、呼吸器、心臓疾患への影響はありそうですが、がんの要因になるという
内容が世界保健機関(WHO)のがん専門研究機関である国際がん研究機関(IARC)から、
2013年10月に発表されています。
具体的には「肺がんの原因となり、膀胱がんリスクも高まる」という内容を発表しています。

-がんの原因, 発がん物質