がん発生要因(リスク要因)

がんの発生要因としては、さまざまで、何か一つと言う単純なものではなく、複合的な要因が重なり合い、長い年月をかけて発生すると考えられます。
環境要因によるもの、生活習慣によるものが考えられます。

主な原因と考えられるもの

発がん物質
ウィルス(発がん遺伝子)
放射線/紫外線/大気汚染

 

ストレスによる免疫力低下

現代人の生活は、ストレスを溜めやすい環境の中で生きています。
少し古いデータですが、「日本のストレス社会化の程度とその原因」として、内閣府の国民生活白書(平成20年(2008年)度版)で発表されています。

2008stress-check

これによれば、半数以上がなんらかのストレスを感じています。
ストレスによって、免疫力の低下、自律神経の乱れなどを招き、病気や不定愁訴と言われる病気とは言えないけど何となく体調が悪いとか、スッキリしないとか体調の不安を感じながら生活している割合も多くなっています。

特に、免疫力の低下は、加齢によっても起こります。
ストレスががん発生の直接原因になることはないですが、がんは免疫機能の低下によっても発生することから、ストレスもリクス要因と考えられます。

他には、無理なダイエットは、食生活の乱れにつながることから、これもリスク要因になります。

食品中のアクリルアミド

食品の発がん物質

食品添加物

環境ホルモン

活性酸素

 

 

 

2016/11/10