がんの原因 発がん物質

がんの原因

2016/10/26

ひとつの細胞のコピーミスから、がん細胞が発生する仕組みは
がんとはどのような病気なのか?でも書きましたが、そのコピーミスは
どのような事が原因で、起こるのでしょうか?

正常細胞のがん化

がんの原因は、さまざまな要因が考えられていますが、大きくわけると次のような
原因が考えられています。

  1. 発がん物質
  2. ウィルス(発がん遺伝子)
  3. 放射線/紫外線/大気汚染

これらの要因は、ひとつと言うことではなく、正常細胞の遺伝子は放射線/紫外線に
よって傷つけられ、また食品などから体内に入る発がん物質によっても傷つけられます。
人間には遺伝子の傷ついた部分を自分で修復する能力があるので、細胞が傷つけられた
としても、免疫力によってがん化しないですみます。
だた、加齢、ストレスなどに免疫力が落ちたり、自己修復力を超えた、放射線/紫外線
発がん物質などが体内に入ることによって、正常細胞ががん化すると考えられています。

-がんの原因, 発がん物質