がんの種類

がんといっても、病名にがんと付くもの、付かないものがあります。
例えば、肺がん、乳がん、胃がんなど、は病名に「がん」が付きますが、白血病、悪性リンパ腫、骨肉腫など、は「がん」が付いていません。
この違いは、なんでしょうか?

がんは発生する細胞の種類によって大きく3つに分類されます。

  • 造血系細胞に由来するがん
    血液中を流れる細胞は、骨髄の造血幹細胞から作られます。
    その造血系の細胞に由来するがんです。
  • 上皮細胞由来のがん
    皮膚、粘膜など上皮細胞にできるがんです。
  • 非上皮性由来のがん
    非上皮性とは身体を支えている部分を言い、骨、脂肪、筋肉、血管などを指します。
    骨格、筋肉などの間質細胞(かんしつさいぼう)にできる肉腫です。

※上皮由来の悪性腫瘍を「がん」、非上皮由来の悪性腫瘍を「肉腫」と言います。

造血系細胞に由来するがん 白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など
上皮細胞由来のがん 肺がん、乳がん、胃がん、大腸がん、子宮がん、卵巣がんなど
非上皮性由来のがん 骨肉腫、軟骨肉腫、横紋筋肉腫、平滑筋肉腫、線維肉腫、脂肪肉腫、血管肉腫など

2016/12/24